相続税申告について

Pocket

相続税の申告について、一般人でも個人でできないことはありませんが、相続税の申告は内容が難しい為、税理士に相談することが早い解決法として一般的です。もちろん、相続する内容にもより、例えば不動産の相続がなく、現金と預貯金、株式だけの相続の場合や、相続税に関する知識をきちんと持っていて、書類の準備や作成を根気よくするだけの時間的余裕がある場合等は、素人の方でも申告書類を作成できる可能性があります。

相続税の支払い義務は、遺産即族が基礎控除内に収まらない場合に発生します。まずは相続税の申告が必要かどうかの判断をするようにしましょう。現在ではシミュレーターソフトを利用することができますので、簡単に判断をすることができます。そして、遺言書の有無、ある場合はその内容と相続人の確認を経て、遺産の調査をします。相続税の申告で一番大切なことは、「何を相続したのか」ということについてです。その書類は15種類提出する必要があり、枚数にすると50枚近くにも及び、素人がするには非現実的な枚数と言えるでしょう。また、税制は頻繁に改正されますので、内容について把握するには税金に関してプロである税理士に相談することが最適な判断と言えます。