税理士に相談しよう

Pocket

税理士は税金に関する専門家ですので、相続相談の適任者と言えます。遺産相続は、親や親族、伴侶から相続した預貯金や株式を算定して、基礎控除額を超えた場合に申告しなければいけません。多額の遺産を相続した方や、これから相続が予想される場合には、早めに税理士へ相談されることをお勧めします。

相続する遺産の相続税はできれば節税したいと考えるのが普通ですが、税理士に相談することで、専門知識を使って節税対策の為のコンサルティングをしてもらえますので、大変お勧めです。また、会社経営をしていた、あるいは開業医だった被相続人から相続した「事業継承」についても、税理士であれば相談にのってもらうことができます。最近では生前贈与をする被相続人も増えていますが、残された相続人の税金負担が少しでも軽くなるように、賢い生前贈与の方法等の相談も可能となっています。

このように、税理士に相談することで書類作成から節税対策まで、遺産相続に関するあらゆる問題に関して、最も適切な案を考えてもらうことができます。その知識の有無によって、相続税の額に大きな差が出ますので、相談費用が多少かかったとしても、相続相談をされることをお勧めします。相続相談を行っているソレイユのように無料相談サービスがある税理士事務所もあります。インターネットなどで近くの税理士事務所が無料相談を行っていないか探してみるといいでしょう。